【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学校概要校長あいさつ

校長あいさつ

写真:山口コ・メディカル学院校長 石田 洋一郎山口コ・メディカル学院校長
医学博士 石田 洋一郎

近年、医療・保健・社会福祉、さらにスポーツの領域においても、
「高い専門性」と「豊かな人間性」を併せ持ったリハビリ療法士が
強く求められております。

現在、医療・保健・社会福祉、さらにスポーツの領域においては、「高い専門性」と「豊かな人間性」を併せ持った良質なリハビリ療法が行えるリハビリ療法士が強く求められており、その役割に対する社会の期待は極めて大きいものとなっております。

山口コ・メディカル学院は、こうしたリハビリテーション医療に携わる「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」を養成するために、平成8年4月に、山口県、山口市、の医療機関や地域の皆さんからの熱い要望を受けて、山口県で最も歴史のあるリハビリ療法士養成校で、これまでに県内外の医療機関に1,200人を超えるリハビリ療法士を輩出しております。

リハビリテーション医療の扱う疾患や障害は、様々な病気や外傷の後に生じた機能の障害、生活活動の制限、社会参加の制約など多岐にわたるため、医師や看護師、義肢装具士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどと密接な連携を保ちながら、多職種によるチームで対応することになります。したがって、リハビリ療法士には、患者さんと十分な信頼関係を築くことができることは勿論のこと、他の医療スタッフと円滑な人間関係を築き医療がスムーズに行えることが要求されます。これらの点を踏まえ、当学院での教育は優れた知識及び技能の習慣を行うのは当然とし、社会人としての豊かな人間性をはぐくむために調和のとれた全人教育を行い、将来どのような医療の領域においても、「広い視野を持った、誠実な医療の専門家」として社会貢献できる人材の育成を目標としております。

山口コ・メディカル学院は、これからもリハビリテーション医療・医学に関わる多方面からの様々な要請と期待に応えるために、多くの優れたリハビリ療法士を育成することを大きな使命として取り組んでまいります。本学の建学の精神に共感し、リハビリテーション医療への強い関心があり、情熱と意欲をもって我々と学修できる入学生を募ります。

この山口のキャンパスで、志を同じくする多くの仲間達と共に学び切磋琢磨しながら、充実した学生生活を送ってみませんか。