【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介言語聴覚学科:言語聴覚士について

言語聴覚学科-Speech-Language-Hearing Therapy-

障がいをもつ人に真に豊かで人間らしい生活を送ることができるようにサポートしていく専門職を育てます。

言語聴覚士とは?

人間が他の動物と異なるのは「ことば」を使用し、他者と感情や気持ちの交流をはかる点です。私たちは常に「誰かとかかわりたい」「気持ちを伝えたい」という欲望をもっています。しかし、何らかの原因で伝える手段を失ったり獲得できなかったりするとどうなるのでしょうか。言語聴覚士はそのようなコミュニケーションに障がいをもつ人に光をあて真に豊かで人間らしい生活を送ることができるように援助する仕事です。

卒業生からのメッセージ

医師・看護師・PT・OT・STなどが1つのチームになり患者様にとってベストな方法を探します。(片田 陽子さんからのメッセージ)

  • 片田 陽子さん
  • 出身校:山口県立華陵高等学校
  • 勤務先:徳山リハビリテーション病院

言語聴覚士の仕事は「言葉」と「飲み込み(嚥下)」を専門にリハビリを行っていると思う方が多いと思います。しかし、その他に注意障害や遂行機能障害など高次脳機能障害に対してのリハビリも行います。患者様が退院後にその人らしい生活を送ることができる為にはどうすれば良いかを考えるのも私たちの仕事です。私は様々な方と接することができるこの仕事にとてもやりがいを感じています。

卒業生のメッセージをもっと見る

在校生からのメッセージ

(末武 真瑚さんからのメッセージ)

  • 末武 真瑚さん
  • 出身校:萩光塩学院高等学校

高校3年生の時に、言語聴覚士という職業を知りました。私は食べることや人と話すことが大好きです。だから、食べられなくなったり、話すことができなくなるととても辛いと思います。そのため、食べることやコミュニケーションを取ることに、悩みや障害を抱える方をサポートしたいと思い入学しました。
学校生活は充実しています。以前までは嫌いだった勉強も、友達と問題を出し合うなどちょっとした工夫で楽しいと思えるようになりました。先生方のサポートも厚く、とても温かい学校だと感じています。
素敵な仲間と先生方のもとで、私達と共に言語聴覚士を、目指してみませんか?

(鶴田 和也さん からのメッセージ)

  • 鶴田 和也さん
  • 出身校:野田学園高等学校

私が介護現場で働いていた時、言語が詰まってしまい話にくそうな方や、ムセが頻繁にみられ苦しそうに食事をする方が多くいらっしゃいました。私は、そのような方々を支え、助けてあげられるように知識を持ちたいと思い言語聴覚士を目指そうと思いました。
授業では、特に専門科目は難しく感じられますが、演習やグループワークを多く取り入れており、同じ目標を持った仲間と考えることができます。それにより、楽しく想像力や思考力を高めることができます。わからないことがあれば、先生方も親身になってアドバイスを下さります。言語聴覚士に興味がある方は山口コ・メディカル学院で一緒に頑張りましょう。

在校生のメッセージをもっと見る

倉品 房代先生からのメッセージ

倉品 房代先生 / 言語聴覚学科 学科長
私たちが普段、無意識に使っている言葉で、ヒトは意思表示の多くを行っています。その言葉がある日突然、脳出血や脳梗塞で言えなくなってしまった失語症の患者様の臨床に長く携わってきました。言葉が出ないもどかしさ、苦しさ、悔しさ、うつ気分などを示す患者様をよく理解できます。
そんな方々が、言葉を言えた時の喜びは、自分の仕事への喜びや意欲につながり、患者様に助けられているような気がします。このようなやりがいのある仕事を後輩である学生達に伝え、患者様の障がいの理解や訓練法、臨床での社会人としての在り方など、言語聴覚障がい児・者の苦しみのわかる、患者様の支えになれる言語聴覚士を育てていきたいと思っております。

社会人入学者へのインタビュー

松坂 友香さん(卒業生)へのインタビューです。

学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
デイサービスで介護職をしていました。
山口コ・メディカル学院の言語聴覚学科を選んだ理由は何ですか?
デイサービスのご利用者様に失語症の方がおられました。失語症の方との出会いは初めてでしたが、その方をきっかけに失語症とはどんなものか?コミュニケーションを図るためにはどうしたらいいか?もっと専門的なことを学びたいと思い、言語聴覚学科を選びました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強:大学を卒業して10年たち、勉強は本当に久しぶりです。新しく学ぶことが多いので苦労していますが、先生方は丁寧に教えてくださいますし、クラスメートと協力しながら行っているので楽しみながら勉強しています。机上での勉強だけではなく実技授業もあるので楽しいです。
アルバイト:授業やテストに負担がかからない程度に行っています。
サークル活動:勉強ばかりだとストレスもたまるので発散するためにも好きなサークルで楽しんだり体を動かすことはとても大切だと思います。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
「社会人入学者は私ぐらいだろう」と思っていたので不安がありましたが、社会人入学されている方々も多く、また年齢の違う同級生とも勉強や学校生活のことなどいろいろと話し合ったり交流しています。
どんな言語聴覚士になりたいですか?
様々な患者様との関わりを持つことになると思いますが、その方々お1人お1人の人生がよりすばらしいものになるようお手伝いできる黒衣(くろこ)のような療法士になりたいと思います。