【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介言語聴覚学科:言語聴覚士について

言語聴覚学科-Speech-Language-Hearing Therapy-

障がいをもつ人に真に豊かで人間らしい生活を送ることができるようにサポートしていく専門職を育てます。

言語聴覚士とは?

人間が他の動物と異なるのは「ことば」を使用し、他者と感情や気持ちの交流をはかる点です。私たちは常に「誰かとかかわりたい」「気持ちを伝えたい」という欲望をもっています。しかし、何らかの原因で伝える手段を失ったり獲得できなかったりするとどうなるのでしょうか。言語聴覚士はそのようなコミュニケーションに障がいをもつ人に光をあて真に豊かで人間らしい生活を送ることができるように援助する仕事です。

卒業生からのメッセージ

患者様と喜びを分かち合える。
人の役にたてる仕事にやりがいを感じています!(吉松 佳純さんからのメッセージ)

  • 吉松 佳純さん
  • 出身校:山口県立防府高等学校
  • 勤務先:綜合病院 山口赤十字病院

 私は、怪我や病気になった直後の患者様が対象の急性期病院で働いています。普段私たちが何気なく行っている話すこと、食べることが病気により急に出来なくなった時、とてもストレスや苦痛を感じます。少しでもそんな患者様の支えになれるように、お手伝い出来る仕事が言語聴覚士です。リハビリを通して、話せるようになった、食べられるようになった時には、患者様と一緒に喜びを分かち合えるとてもやりがいのある仕事です。

卒業生のメッセージをもっと見る

在校生からのメッセージ

(水摩 祐希さんからのメッセージ)

  • 水摩 祐希さん
  • 出身校:山口県立山口中央高等学校

 私は高校3年生で進路を迷っていた時に、山口コ・メディカル学院のオープンキャンパスで言語聴覚士という仕事を知りました。私にとって「食べること」や「話すこと」は、生活の中の楽しみの一つです。そこで、食べにくくなったり、人とコミュニケーションが難しくなった方々のサポートがしたいと思いました。学院生活は大変なこともありますが、とても楽しく充実しています。高校生までは、あまり好きではなかった勉強も自分が興味を持てる分野を学ぶことができるので、勉強の量が多くても前向きに取り組めるようになりました。私たちと一緒に、言語聴覚士を目指して一緒に頑張りましょう。

(田中 将史さん からのメッセージ)

  • 田中 将史さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校

高校卒業後、社会人として働く中で「こんなはずではなかった」や「ちょっと自分には合わないな」と感じることがあり、自分と真剣に対峙すればするほど悩みました。社会に出てから、もう一度勉強をしたいと思っていても、なかなか踏み出せない方は多いと思います。私も入学をギリギリまで考えましたが、今は思い切って入学して本当に良かったと思っています。勉強は大変な面もありますが、言語聴覚士になるという目標がはっきりしているのと、先生方も一人ひとりにサポートしてくださるので、とても充実した学院生活を送ることができています。これまでの社会人としての経験は、言語聴覚士として十分活かせるのではないかと思っています。是非、挑戦してみませんか。

在校生のメッセージをもっと見る

倉品 房代先生からのメッセージ

倉品 房代先生 / 言語聴覚学科 学科長
無意識に当然のように使っている「ことば」や「聞こえ」が、ある日、突然できなくなったことを想像したことがありますか。
話しかけられてるが分からない!言いたいけど言葉が見つからない!言ってるのに理解してもらえない!好きなものを食べたいが喉を通らない!ムセてしまう!いったい、自分はどうなったんだろう!
このような状態になった患者様の良き理解者であり、障害の改善の手助けをするのが言語聴覚士です。看護師から転職して言語聴覚士になって40年がたちました。看護師の視点・言語聴覚士の視点で長く患者様をサポートしてきた経験と知識を、後輩を育てることに役立てたいと思います。
言語聴覚士であること、弱い立場の患者様を支える自分の仕事に誇りを感じています。また、仕事を通して多くの方と知り合えること、人間の不思議の科学に触れることが出来ることなど素晴らしいことがたくさんあります。

社会人入学者へのインタビュー

松坂 友香さん(卒業生)へのインタビューです。

学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
デイサービスで介護職をしていました。
山口コ・メディカル学院の言語聴覚学科を選んだ理由は何ですか?
デイサービスのご利用者様に失語症の方がおられました。失語症の方との出会いは初めてでしたが、その方をきっかけに失語症とはどんなものか?コミュニケーションを図るためにはどうしたらいいか?もっと専門的なことを学びたいと思い、言語聴覚学科を選びました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強:大学を卒業して10年たち、勉強は本当に久しぶりです。新しく学ぶことが多いので苦労していますが、先生方は丁寧に教えてくださいますし、クラスメートと協力しながら行っているので楽しみながら勉強しています。机上での勉強だけではなく実技授業もあるので楽しいです。
アルバイト:授業やテストに負担がかからない程度に行っています。
サークル活動:勉強ばかりだとストレスもたまるので発散するためにも好きなサークルで楽しんだり体を動かすことはとても大切だと思います。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
「社会人入学者は私ぐらいだろう」と思っていたので不安がありましたが、社会人入学されている方々も多く、また年齢の違う同級生とも勉強や学校生活のことなどいろいろと話し合ったり交流しています。
どんな言語聴覚士になりたいですか?
様々な患者様との関わりを持つことになると思いますが、その方々お1人お1人の人生がよりすばらしいものになるようお手伝いできる黒衣(くろこ)のような療法士になりたいと思います。