【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介理学療法学科:理学療法士について

理学療法学科-Physical Therapy-

機能や生活環境の改善を通して地域社会で豊かな生活が営まれるようサポートしていく専門職を育てます。

理学療法士とは?

脳卒中や骨折など様々な病気・外傷によって生じた生きにくさ・生活のしにくさを持たれた方、あるいは高齢者の方々に対して機能の回復や生活環境の改善を通して家庭や地域社会で豊かな生活が営まれるよう援助指導を行います。

卒業生からのメッセージ

他業種と連携して、患者様が豊かな在宅生活が送れるように頑張っています。

  • 大田 祐也さん
  • 出身校:山口県立山口中央高等学校
  • 勤務先:医療法人 神徳会 三田尻病院

私は、在宅復帰をサポートする「地域包括ケア病棟」で働いています。患者様の日常生活を想定し、退院後に安心して暮らせるように理学療法を行っています。

悩む事も多いようですが、患者様に出来る動作が増え、笑顔が見られた時に、理学療法士を目指してよかったと思います。

患者様の身体機能・運動機能の回復が進む度に喜びを感じています。

  • 古屋 朋香さん
  • 出身校:野田学園高等学校
  • 勤務先:医療法人 神徳会 三田尻病院

私は、整形外科疾患の手術直後や、呼吸器・循環器疾患の急性期といわれる時期の理学療法を行っています。

日々変化する全身状態に悩む事もありますが、患者様の身体機能・運動機能の回復が進む度、笑顔が見られる度に喜びを感じています。

卒業生のメッセージをもっと見る

在校生からのメッセージ

(三戸 優希さんからのメッセージ)

  • 三戸 優希さん
  • 出身校:山口県立新南陽高等学校

私は、自身の怪我をきっかけに理学療法士という仕事を知り、興味を持ちました。職場体験や山口コ・メディカル学院のオープンキャンパスに参加して、自分もたくさんの方々のリハビリテーションの支えになりたいと強く思うようになりました。専門的な勉強はとても難しく大変ですが、その分やり甲斐があり充実した学校生活を送れています。学年が進むにつれもっと大変になると思いますが、理学療法士になるという夢を実現するために頑張っていきたいと思います。

(久徳 聖也さんからのメッセージ)

  • 久徳 聖也さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校

私は、高校2年生の頃、高校の先輩にお誘いを受け、山口コ・メディカル学院のオープンキャンパスに参加し、理学療法士に興味を持ち、たくさんの方々の助けになりたいと思うようになりました。

勉強は今まで学習してきた内容と全く異なるもので非常に難しく、大変ですがクラス全体で協力しあって頑張っています。まだまだ先は長いですが、日々精進していきたいと思っています。

在校生のメッセージをもっと見る

教官からのメッセージ

吉村靜馬 先生からのメッセージ

吉村 靜馬先生 / 理学療法学科 学科長 
理学療法士は、高齢者・障がいのある方の「動きにくさ」「不便さ」を解消させる職種です。医療職である限り「生命を守り、その方の生活を支える」ことは当たり前。そのためには、身体機能・運動機能の改善が必須の要件です。
治療技術の修得はもちろんですが、「相手の立場になって、その人のことを考えられる感性」が求められます。あなたの前に「何とかして!」と訴えている方がおられたら、そっと手を差しのべられる専門職になって欲しいと願っています。「想い」に応えられることの難しさを痛感する仕事、それが理学療法です。

村上博子 先生からのメッセージ

村上 博子先生 / 担当教科:理学療法セミナー 
この授業は、入学後、すぐにスタートし、理学療法士を目指す第一歩です。理学療法士としての心構えやマナーを学ぶとともに、理学療法の歴史や仕事内容が中心になります。また、4年間で学ぶことを要約した講座なので、講義だけではなく、グループワークや実習など、もりだくさんの授業形態があります。この授業を通じて、理学療法士の果たす役割を知り、理学療法士になりたいという気持ちを大きく膨らませてもらえればと思います。理学療法士になりたいと思っているみなさん、半年間、一緒に頑張りましょう!

末繁理恵 先生からのメッセージ

末繁 理恵先生 / 担当教科:内部障害理学療法学演習
『内部障害』を担当しています。もしあなたが持病を抱え、更に骨折して理学療法を受ける事になった時、持病の事をしっかり理解してくれる理学療法士にお願いしたいと思いませんか。私がそうでした。私は先天性の心疾患があり、運動をしても大丈夫?という不安が常にありました。内部障がいの授業では、心臓や他の内臓疾患、生活習慣病等を扱います。
理学療法へ来られる多くの方は、この内部障がいを抱えておられます。そして私と同じように持病があるけど大丈夫かなという不安や目に見えない病気の進行、易疲労性に悩まされています。
この授業では頼れる理学療法士になる為、必要な基礎知識と共に内部障がいをもつ人の気持ちを理解し、理学療法継続の為にどうすればいいか等を一緒に考え、学んでいきます。

社会人入学者へのインタビュー

岩見 高尚さん(卒業生)へのインタビューです。

学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
製造業。文系大学(仏教学部)
山口コ・メディカル学院の理学療法学科を選んだ理由は何ですか?
基本動作能力の回復を目的とする理学療法は、私の趣味である陸上競技との関連性が高く、関節や筋といった身体構造、歩行など、基本動作のメカニズム、運動器系、その他の障がいなどについて学ぶことで、体を動かすということへの理解をより深めることができると考えたからです。
そして、自分がこれまで継続してきた趣味の運動についての知識を身につけた上で、運動療法をはじめとした理学療法を通じて、人の生活向上の役に立てるようになれることに魅力を感じました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強は学習室を利用して授業の復習中心でやっています。試験前には図書館や友人のアパートに集まって勉強することもあります。サークル活動はしていませんが、自分と同じ趣味を持つ人たちと会話を楽しんだり、遊んだりしています。同じクラスにジョギングを趣味にしている人がいるので、授業の空き時間など、気分転換に一緒に走っています。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
クラスメイトの学習への意欲が高い点。試験が自分が思っていたよりも厳しかったことが要因かもしれません。
行事に対して生徒が熱心に取り組む点。クラスにスポーツが得意な人が多く、レクレーションのソフトバレーで、クラスメイトがガチだったのには驚きました。
どんな理学療法士になりたいですか?
確かな技術と、豊かな人間性を備えた理学療法士。(最初の授業でクラスメイトが言っていた意見です。)