【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介作業療法学科:作業療法士について

作業療法学科-Occupational Therapy-

ある日突然病気や事故で普段何気なく繰り返している日常生活ができなくなったら…そのような方々の気持ちに寄り添い医療的知識をベースにサポートしていく専門職を育てます。

作業療法士とは?

人は心と身体のバランスをとりながら生活し、人生を創造しています。何らかの疾患によってそのバランスが崩れると、人は生活がしづらくなり、その改善が必要になります。その時、人の心と身体の両方の改善を図り、活動的で質の高い人生を送ることを援助できるのが作業療法士です。「生きていてよかった」その言葉に出逢えるリハビリテーション、それが「作業療法」です。

卒業生からのメッセージ

山本 千晶さん(左)と中村 由美子さん(右)からのメッセージ

  • 山本 千晶さん(左)
  • 出身校:山口県立萩商工高等学校
  • 勤務先:山口県立総合医療センター

私は、発症直後や術後からの「急性期のリハビリテーション」を担当しています。そのなかで、日常生活動作などの訓練を通じて「できること」が広がった時の患者様の喜びが伝わってきた時に、やりがいを感じています。今後は、一人でも多くの方が、安全で安心した生活に戻ることができるように、退院後の生活を見据えた作業療法をしっかりと提供していきたいです。

  • 中村 由美子さん(右)
  • 出身校:山口県立防府西高等学校 九州産業大学
  • 勤務先:山口県立総合医療センター

新たな道を踏み出すために、山口コ・メディカル学院を選択した事は、間違っていなかったと思っています。作業療法士に必要な勉強だけでなく、多くの友人や先生との出会い、一丸となって夢に向っていった学院生活は、私にとってかけがえのない財産となっています。夢が叶い、はれて作業療法士になった今、患者様とどう向き合うべきか悩む日々ですが、学院生活時代の仲間を想像しながら、切磋琢磨しています。

卒業生のメッセージをもっと見る

在校生からのメッセージ

(壹岐 明香さんからのメッセージ)

  • 壹岐 明香さん / 作業療法学科2年
  • 山口県立熊毛北高等学校出身

高校卒業後の進路に悩んでいた時、作業療法士という仕事があることを知り、その時にどんなことをする仕事なのかもっと詳しく知りたいと思い、本校のオープンキャンパスに参加したり、病院へ見学に行きました。それからやりがいのある仕事だと感じ、作業療法士の魅力にどんどん引き込まれこの道に進むことを決めました。

入学した当初は、聞いたこともないような専門用語がたくさんでてきて、勉強の難しさに正直と惑いましたが、レクレーションや学園祭など学校行事もあり、仲間との楽しい思い出をたくさん作ることができるので今では充実した学校生活を送っています。

これからも同じ目標に向って頑張る仲間と共に、自分の目指す必要とされる作業療法士になるために頑張っていきたいと思っています。

(渡辺 智行さんからのメッセージ)

  • 渡辺 智行さん / 作業療法学科2年
  • 山口県立徳山高等学校出身(関西学院大学卒)
  • 社会人入学

私は介護の仕事から、更なる学びの場を求めて入学しました。今は、日々の学びで新たな世界が広がるのを感じます。一年はあっという間、じっくり学べる今を大切にしたいと思っています。作業療法士は人の生活と向き合う仕事です。それには、自身の生活を見つめることも大切です。作業療法士を目指すだけでなく、「人間とは何か」を考える上で、この学院での学びは大きいと思います。色々な出会いにもあふれています。

今は、休日は介護の仕事を続けながら、平日は勉強と忙しい毎日です。そんな中で、学園祭や春・秋のレクリエーションといった楽しいイベントもあり、クラスの仲間との交流も深まります。充実した毎日、皆さんも一緒にこの学院で送りませんか。

在校生のメッセージをもっと見る

教官からのメッセージ

飯野 弓子先生からのメッセージ

飯野 弓子先生 / 作業療法学科 学科長
病気などにより大きな障がいを負うと、それまでに行なっていた生活(作業)にしづらさが生じ、「自分の生き方」を見失うことも少なくありません。作業療法士は病気や障がいの状態、またその人のそれまでの生き方や人となり、環境など多面的な情報を、医学的知識を基に分析し、様々な手段を用いて、障がいがあってもその人が「やりたいこと」を「できる」ようにし、その人らしい生活を取り戻すための支援をします。「生きていてよかった」と感じられる「今」と「これから」をご本人と共に作り出す、それが作業療法士の仕事です。

窪田高志 先生からのメッセージ

窪田 高志先生
人には、どんな人にも自分の人生に「やりたいこと」「大切にしていること」があるはずです。そこには障がいや疾患はほとんど関係がありません。作業療法は、対象者にとって「何が出来ないことが辛いのか」「何ができると幸せな気持ちになれるのか」共に考え、「どうしたらできるようになるのか」を目標に、専門的な治療や具体的援助を行う仕事です。そこには、一人一人の違った作業療法があり、それ故に作業療法は見えにくいと感じるかも知れません。しかし、対象者の生活が変化し、目の前で再び活き活きと輝き始めることを、一緒に体現できることは、仕事のやりがいでもあります。「人は作業することで健康になれる」そんな想いを大切にしています。

社会人入学者へのインタビュー

中村 由美子さんへのインタビューです。

学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
大型電気店にて、お客様への商品、アドバイスをしたり、要望に応えたりなど、相談〜販売、配送手続きまで担当していました。
山口コ・メディカル学院の作業療法学科を選んだ理由は何ですか?
知り合いの方に作業療法士がいたこと、作業療法士と理学療法士を比べたときに、作業療法士は身体的にだけでなく、精神的にも患者様に関わらせてもらえると聞いたので、作業療法士にしました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強する量はとても多いので、入学時には、アルバイトとの両立が大変でしたが、現在は計画的にメリハリをつけてやっていくことで、充実した日々を送ることが出来ています。
同級生とは年齢がちがうので、同級生たちも私に気をつかってしまうし、友達もあまりできないだろうと思っていました。しかし、毎日一緒に同じ夢に向かって頑張っていくと自然と年齢など関係なくうち解けることが出来たと思います。同級生は楽しい人ばかりなので、感謝しています。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
入学前のイメージは、大学のように完全に個人で頑張っていくのだと思っていましたが、実際は先生方が現場に出たときの事や国家試験に向けてのアドバイスをくれたり、親身になって傍らにいてくれているので、入学前とイメージが大きく違いました。とても良い環境で学ばせていただいていると思います。
どんな作業療法士になりたいですか?
当たり前のことですが、いつも患者様第一に考え、少しでも患者様らしい人生が送れるように、手伝わせてもらえる、人格や技術をもった療法士になりたいです。