【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介作業療法学科:作業療法士について

作業療法学科-Occupational Therapy-

ある日突然病気や事故で普段何気なく繰り返している日常生活ができなくなったら…そのような方々の気持ちに寄り添い医療的知識をベースにサポートしていく専門職を育てます。

作業療法士とは?

人は心と身体のバランスをとりながら生活し、人生を創造しています。何らかの疾患によってそのバランスが崩れると、人は生活がしづらくなり、その改善が必要になります。その時、人の心と身体の両方の改善を図り、活動的で質の高い人生を送ることを援助できるのが作業療法士です。「生きていてよかった」その言葉に出逢えるリハビリテーション、それが「作業療法」です。

卒業生からのメッセージ

チーム連携と報告・連絡・相談を大切に
しながら全力で取り組んでいます。

  • 椿 裕香子さん
  • 出身校:島根県立益田翔陽高等学校
  • 勤務先:医療法人 和同会 山口リハビリテーション病院

 私は、365日体制の「回復期リハビリテーション病院」で働いています。身体機能や認知機能の向上を図るだけではなく、病前の生活背景を知り、“笑顔”と“その人らしい生活の実現”に向けてリハビリテーションを行っています。
知識・技術ともに未熟で、悩む事も多くありますが日々精進していきたいと思います。

卒業生からのメッセージ

患者様が少しでも豊かな生活を送れる
様に毎日リハビリを行っています。

  • 生方 宏顕さん
  • 出身校:山口県立厚狭高等学校
  • 勤務先:医療法人 和同会 山口リハビリテーション病院

私は回復期リハビリテーションの作業療法士として働いています。患者様の多くが、自身の身体やこれからの生活に不安を抱えながらも自分の力でなんとか生活していくため、毎日一生懸命リハビリを行っておられます。そんな患者様一人ひとりが「その人らしく生きていくこと」を心と身体の両方から改善を図り、支援していける事にやりがいを感じています。

卒業生のメッセージをもっと見る

在校生からのメッセージ

(山田 真美さんからのメッセージ)

  • 山田 真美さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校

祖父が脳梗塞で倒れたことがきっかけで作業療法士という職業を知りました。患者様の心に寄り添い、患者様一人一人にあったリハビリを提供している作業療法士に憧れを抱きました。
 学校では、覚える量が多く大変な事も多いですが、友人も頑張っているから自分も頑張ろうという気持ちで取り組んでいます。一年次の臨床見学実習で、作業療法士の働く現場を見学し、患者様が作業療法士を楽しみにしている姿を見て、患者様の気持ちを理解し、寄り添えることができる作業療法士を目指して頑張りたいです。

(山尾 佳祐さんからのメッセージ)

  • 山尾 佳祐さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校

私がこの学校に入学を決めた理由は、私の知り合いに障害をもった方がおられ、その障害を少しでも軽くしてあげたいと思ったからです。最初は、薬剤師になろうと考えていましたが、その方の身内のお話を聞いているうちに、常に身近に関わる作業療法士という職業を知り、この道を目指しました。この学校での勉強は楽しい事だけではありませんが、2年生では、専門的な勉強も増えて行きますが、それらを十分活かせるような作業療法士になれるよう毎日頑張りたいと思います。

在校生のメッセージをもっと見る

教官からのメッセージ

飯野 弓子先生からのメッセージ

飯野 弓子先生 / 作業療法学科 学科長
病気などにより大きな障がいを負うと、それまでに行なっていた生活(作業)にしづらさが生じ、「自分の生き方」を見失うことも少なくありません。作業療法士は病気や障がいの状態、またその人のそれまでの生き方や人となり、環境など多面的な情報を、医学的知識を基に分析し、様々な手段を用いて、障がいがあってもその人が「やりたいこと」を「できる」ようにし、その人らしい生活を取り戻すための支援をします。「生きていてよかった」と感じられる「今」と「これから」をご本人と共に作り出す、それが作業療法士の仕事です。

窪田高志 先生からのメッセージ

窪田 高志先生
人には、どんな人にも自分の人生に「やりたいこと」「大切にしていること」があるはずです。そこには障がいや疾患はほとんど関係がありません。作業療法は、対象者にとって「何が出来ないことが辛いのか」「何ができると幸せな気持ちになれるのか」共に考え、「どうしたらできるようになるのか」を目標に、専門的な治療や具体的援助を行う仕事です。そこには、一人一人の違った作業療法があり、それ故に作業療法は見えにくいと感じるかも知れません。しかし、対象者の生活が変化し、目の前で再び活き活きと輝き始めることを、一緒に体現できることは、仕事のやりがいでもあります。「人は作業することで健康になれる」そんな想いを大切にしています。

社会人入学者へのインタビュー

中村 由美子さん(卒業生)へのインタビューです。

学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
大型電気店にて、お客様への商品、アドバイスをしたり、要望に応えたりなど、相談〜販売、配送手続きまで担当していました。
山口コ・メディカル学院の作業療法学科を選んだ理由は何ですか?
知り合いの方に作業療法士がいたこと、作業療法士と理学療法士を比べたときに、作業療法士は身体的にだけでなく、精神的にも患者様に関わらせてもらえると聞いたので、作業療法士にしました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強する量はとても多いので、入学時には、アルバイトとの両立が大変でしたが、現在は計画的にメリハリをつけてやっていくことで、充実した日々を送ることが出来ています。
同級生とは年齢がちがうので、同級生たちも私に気をつかってしまうし、友達もあまりできないだろうと思っていました。しかし、毎日一緒に同じ夢に向かって頑張っていくと自然と年齢など関係なくうち解けることが出来たと思います。同級生は楽しい人ばかりなので、感謝しています。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
入学前のイメージは、大学のように完全に個人で頑張っていくのだと思っていましたが、実際は先生方が現場に出たときの事や国家試験に向けてのアドバイスをくれたり、親身になって傍らにいてくれているので、入学前とイメージが大きく違いました。とても良い環境で学ばせていただいていると思います。
どんな作業療法士になりたいですか?
当たり前のことですが、いつも患者様第一に考え、少しでも患者様らしい人生が送れるように、手伝わせてもらえる、人格や技術をもった療法士になりたいです。