山口コ・メディカル学院 リハビリテーション医療専門学校

menu
資料請求
オープンキャンパス

言語聴覚学科

人間が他の動物と異なるのは「ことば」を使用し、他者と感情や気持ちの交流をはかる点です。
私たちは常に「誰かとかかわりたい」「気持ちを伝えたい」という欲望をもっています。しかし、何らかの原因で伝える手段を失ったり獲得できなかったりするとどうなるのでしょうか。
言語聴覚士はそのようなコミュニケーションに障がいをもつ人に光をあて真に豊かで人間らしい生活を送ることができるように援助する仕事です。
言語発達の遅れや脳の病気で言葉が出にくくなった人々が、豊かな心で生活できるようにサポートしていく専門職を育てます。

学科の基本姿勢

言語聴覚学科のポイント

【 言葉はコミュニケーションの要 】
言語聴覚学科のポイント
Point 1
豊かな人間性を養う
病める人に対しての医療であることを考え、思いやりのある医療人になれるよう指導します。
言語聴覚学科のポイント
Point 2
実践力を養う
臨床現場の見学や演習課題でのロールプレイ、グループワークを通して実践力を身につけます。
言語聴覚学科のポイント
Point 3
創造力・思考力・挑戦力 を養う
医学や言語聴覚療法の発展を視野に入れ、臨床での創造力・思考力・挑戦力を身につけます。

授業風景

  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ
  • 言語聴覚学科イメージ

言語聴覚学科 3つの特徴

【 患者様に寄り添うことができる言語聴覚士を目指して 】
【 ことばの発達やコミュニケーションを理解し
大切にすること
が言語聴覚士への第一歩 】
少人数でのグループ学習や教員による
個別指導・演習を通して実践力をつけます。
言語聴覚学科イメージ
言語聴覚学科イメージ
言語聴覚学科イメージ
学院での講義・実習は3年次後期から行なわれる「臨床実習」に向けたものです。病院・施設での多くの経験・体験が、より知識・技術を高めていきます。そして、4年次の実習での様々な経験を経て、免許取得後、言語聴覚士として主に病院・施設で働きます。

取得可能な資格

言語聴覚士になるまで

言語聴覚士になるまで

カリキュラム

【 教養科目、専門基礎医学、言語聴覚障害学や臨床実習を通して
言語聴覚障害の診断と治療学を学ぶ。 】
1学年
基礎科目
  • 英語Ⅰ・Ⅲ(文献Ⅰ・英会話)
  • 体育理論
  • 体育実技 
  • 哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 法学
  • 教育学Ⅰ・Ⅱ
  • 生物学
  • 統計学
  • 情報科学Ⅰ
  • など
専門基礎科目
  • 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 医学概論
  • 病理学
  • 聴覚医学概論
  • 臨床心理学
  • 言語学
  • 音声学
  • 言語発達学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会福祉学
  • リハビリテーション概論
  • など
専門科目
  • 言語聴覚障害概論Ⅰ・Ⅱ
  • 失語症学Ⅰ
  • 発達障害学Ⅰ
  • 構音障害学Ⅳ
  • 成人聴覚障害学
  • など
選択・必修科目
  • 言語療法セミナーⅠ
  • ボランティア論
  • など
2学年
基礎科目
  • 英語Ⅱ・Ⅳ(医学英語・文献Ⅱ)
  • 社会学
  • 情報科学Ⅱ
専門基礎科目
  • 生理学実習
  • 内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児保健学
  • 精神医学
  • 神経内科学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 形成外科学
  • リハビリテーション医学
  • 歯科・口腔外科学
  • 解剖学実習
  • 呼吸・発声発語系の構造・機能・病態
  • 人間発達学
  • 学習・認知心理学
  • 音響学
  • 聴覚心理学
  • など
専門科目
  • 言語聴覚障害診断学
  • 失語症学Ⅱ
  • 失語症治療学Ⅰ
  • 高次脳機能障害学Ⅰ
  • 発達障害学Ⅱ
  • 言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ
  • 嚥下障害学
  • 嚥下障害治療学Ⅰ
  • 流暢性障害
  • 小児聴覚障害学
  • 聴力検査法演習
  • 補聴器・人工内耳
  • 臨床基礎実習
  • など
選択・必修科目
  • 言語療法セミナーⅡ
  • 地域リハビリテーション学
  • など
3学年
基礎科目
  • 関係法規
専門基礎科目
  • 脳神経外科学
  • 心理測定法
  • など
専門科目
  • 言語聴覚障害研究法Ⅰ
  • 失語症治療学Ⅱ
  • 高次脳機能障害学Ⅱ
  • 高次脳機能障害検査法
  • 言語発達障害治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 音声障害Ⅰ・Ⅱ
  • 嚥下障害治療学Ⅱ
  • 構音障害学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 小児聴覚障害治療学
  • 成人聴覚障害治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床実習Ⅰ
  • など
選択・必修科目
  • 言語療法セミナーⅢ・Ⅳ
  • 理学療法概論
  • 作業療法概論
  • 看護学概論
  • 薬理学
  • 救急医学
  • 栄養学
  • 地域言語聴覚療法論
  • など
4学年
専門科目
  • 言語聴覚障害研究法Ⅱ
  • 言語療法総論Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床実習Ⅱ
  • など
卒業生Message
卒業生Message
油井 彩乃さん
出身校:野田学園高等学校
勤務先:特定医療法人 茜会 昭和病院
患者様の目線に立ったアプローチができる言語聴覚士を目指して働いています。
私は現在、維持期の病棟で勤務しています。
毎日、患者様の変化に応じたアプローチをすることは大変ですが、周囲の方々に支えられながら日々奮闘しています。また、患者様の言葉や笑顔に私がパワーを頂くことも多いです。
言語聴覚士は患者様と密接に関わることができる、やりがいのある仕事だと実感しています。壁にぶつかることもありますが、学院でがんばったことや楽しかったことを思い出し、充実した毎日を送っています。
卒業生Message
秋山 正宜さん
出身校:山口県立西京高等学校
勤務先:医療法人 和同会 防府リハビリテーション病院
患者様の「食事」や「会話」に携わることはとても難しいですが、その分やりがいのある仕事です。
私は365日体制の回復期病棟で働いています。
日々様々な言語障害や摂食嚥下障害、日常生活の悩みを訴えられる患者様と一緒に、希望するライフスタイルを立て直すことに努めています。
専門学生の頃から、授業や実習で小児・成人いろいろな方と触れ合える機会もあり、仕事を始めてからも振り返ることがあります。
この仕事の専門性を必要として頂ける機会は多く、忙しい毎日ですが、うれしいこともたくさんあります。
卒業生Message
堀川 尚之さん
出身校:山口県立防府西高等学校
勤務先:医療法人和同会 宇部西リハビリテーション病院

私は、365日体制の回復期リハビリテーション病院で働いています。
突然、病気により今まで当たり前に出来ていた話すことや食べることが出来なくなった人に寄り添い、「生活に安心を!日常に笑顔を!」を取り戻せるように援助を行っています。1人の患者さんが地域で生活が出来るように多くの職種で関わっています。
患者さんと関わる中で患者さんから教えてもらう事もたくさんあります。知識がなく、悩む事も多いですが、日々精進していきたいと思います。

卒業生Message
宮﨑 千帆さん
出身校:山口県立西京高等学校
勤務先:医療法人博愛会 宇部記念病院

私は、亜急性期から慢性期医療まで幅広い患者様を対象に働いています。
病気や障害などで話ができない、食事ができない患者様に寄り添い、お手伝いすることが言語聴覚士の仕事です。話ができた時、ご飯が食べられた時の喜びを隣で共有できるやりがいのある仕事です。
上手くいかず悩むことも多い毎日ですが、患者様が穏やかに「その人らしく」過ごせるように研修会などに積極的に参加し、日々精進していきたいと思います。

在校生Message
在校生Message
金子 英未さん
出身校:山口県桜ヶ丘高等学校
自分の成長が人の力になる!

入学当初、勉強についていけるか、4年間頑張れるかとても不安でした。しかし、勉強面では先生方、先輩方が親身になって教えてくださったり、学内生活でも、同級生たちと楽しむときは楽しみ、勉強を教え合ったりと、とても充実した学院生活を送っています。大変なこともありますが、この1年で勉強以外にも自分自身を成長させることができ、また自分に足りないところを見つけることができたと思います。
私はこれからの学院生活で、ひとりでも多くの人の力になれるよう、知識はもちろん、自分自身ももっと成長していきたいと思っています。

在校生Message
髙村 寛人さん
出身校:萩光塩学院高等学校
介護士から言語聴覚士に!

私は入学前、介護士の仕事をしていました。介護中に利用者が誤嚥をした時に何もできなかったことが悔しくて、嚥下障害を学ぶために言語聴覚学科に入学しました。

最初はすごく不安でしたが、社会人と現役生に隔たりがなく、年齢が離れていても授業の合間などにおしゃべりや勉強をして過ごすなど仲が良い学科です。

勉強は大変なこともありますが、クラスメイトや先生たちと言語聴覚士になるために頑張っています。皆も一緒に言語聴覚士を目指しませんか。

教員紹介

教員紹介
正司 真規先生
言語聴覚学科 学科長

皆さんは『会話』や『食事』が突然できなくなったら、どのような気持ちになるでしょうか。日々の楽しみである「友人や家族とのおしゃべり」、「美味しいものを食べたときの喜び」等が、脳血管疾患等によって失われたり、制限を受けることがあります。
私は、言語聴覚士はリハビリテーションだけでなく、心のサポートや周囲の方々との会話の橋渡しを行い、より充実した人生が送っていただけるよう支援することが重要だと考えています。

本学科では、少人数教育を重要視しています。少人数だからこそ可能な個別指導や実技指導で、知識や技術が効率よく学習できます。また、講師陣は病院での経験も豊富で言語聴覚士という仕事に誇りと情熱を持っています。
4年後には知識と豊かな人間性を併せ持つ言語聴覚士になれるよう、講師一同で支援いたします。

社会人インタビュー
松坂 友香さん(卒業生)へのインタビューです。
学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
デイサービスで介護職をしていました。
山口コ・メディカル学院の言語聴覚学科を選んだ理由は何ですか?
デイサービスのご利用者様に失語症の方がおられました。失語症の方との出会いは初めてでしたが、その方をきっかけに失語症とはどんなものか?コミュニケーションを図るためにはどうしたらいいか?もっと専門的なことを学びたいと思い、言語聴覚学科を選びました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強:大学を卒業して10年たち、勉強は本当に久しぶりです。新しく学ぶことが多いので苦労していますが、先生方は丁寧に教えてくださいますし、クラスメートと協力しながら行っているので楽しみながら勉強しています。机上での勉強だけではなく実技授業もあるので楽しいです。
アルバイト:授業やテストに負担がかからない程度に行っています。
サークル活動:勉強ばかりだとストレスもたまるので発散するためにも好きなサークルで楽しんだり体を動かすことはとても大切だと思います。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
「社会人入学者は私ぐらいだろう」と思っていたので不安がありましたが、社会人入学されている方々も多く、また年齢の違う同級生とも勉強や学校生活のことなどいろいろと話し合ったり交流しています。
どんな言語聴覚士になりたいですか?
様々な患者様との関わりを持つことになると思いますが、その方々お1人お1人の人生がよりすばらしいものになるようお手伝いできる黒衣(くろこ)のような療法士になりたいと思います。
コア学園グループへ
山口コアカレッジ
同窓会 燦燦会
学校情報公開
教員募集
オープンキャンパス 資料請求
オープンキャンパス
資料請求

ページトップへ