山口コ・メディカル学院 リハビリテーション医療専門学校

menu
資料請求
オープンキャンパス

理学療法学科

理学療法士とは

「立つ」「歩く」・・・
動きのメカニズムを熟知し動ける身体づくりを、子供から高齢者、スポーツ選手まで、さまざまな方に対して支援する専門職です。

学科の基本姿勢

身体機能や生活環境の改善を通して地域社会で豊かな生活が営まれるよう
サポートしていく専門職を育てます。

理学療法士に求められるものは

理学療法学科の3つのポイント

理学療法士を目指すためにいろいろな形態の授業を行います。
理学療法学科のポイント1
1.どんな技術も基礎からスタート
患者様やスタッフに信頼される理学療法士を目指して!
理学療法学科のポイント1
コミュニケーション能力はもちろんですが、解剖・生理・運動学などの基礎知識を基に疾病や障害に応じた治療方法や手技が選択できる能力が必要です。
専門職としての責任が果たせるようになりましょう!
理学療法学科のポイント2
2.基本のキ
身体の構造と動きのメカニズムを知ることがポイント!
理学療法学科のポイント2
寝る・起きる、立つ・座る、歩く・走る・・・人の動きを分析し治療プログラムを組み立てる面白さをマスターしてください。
長年、第一線で活躍された先生も、基本(基礎)を大事に授業をされます。
理学療法学科のポイント3
3.本番さながらに!
実践に近い環境で学びます!
理学療法学科のポイント3
将来、理学療法士として関わることがある児童発達デイサービス、障がい者スポーツや地域活動(介護予防・百歳体操)など、実際の場に参加し学びます。
自ら学び、動く!

最初は覚える授業からスタートします。しかし、病気や怪我の治療と理学療法の基本を学び始めると、次第に自ら考え友達とディスカッションができるようになります。
理学療法学科イメージ 理学療法学科イメージ
★新型コロナウィルス感染症の流行状況に合わせて、常に工夫をしながら授業を行っています。
 県外や流行地域の講師の方には、オンライン授業をお願いしています。
理学療法学科イメージ 理学療法学科イメージ

授業風景

  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
  • 理学療法学科イメージ
全国平均を上回る安定した合格実績!

取得可能な資格

主な就職先

理学療法士になるまで

理学療法士になるまで

カリキュラム(2022年度)

理学療法の専門知識と技術を高め、実践力を身につけるカリキュラム
-基礎から丁寧に積み上げていく学び、学びの中に楽しさが実感できる授業を目指します-
1年次
修得目標
  • 社会人として、医療従事者として、理学療法士として必要なことを身につけていきます。
  • 身体の構造や機能、心の仕組みや働きなど、医療に必要な基礎を学びます。
  • セミナーや概論系の授業を通して、考えること、 感じることなど、感性を磨きます。
基礎科目
16科目
  • 英語Ⅰ・Ⅲ(文献Ⅰ・英会話)
  • 体育理論
  • 体育実技 
  • 哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 法学
  • 教育学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会福祉学
  • 統計学
  • 物理学
  • 生物学
  • 情報科学Ⅰ
  • など
専門基礎科目
13科目
  • 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 解剖学Ⅰ実習
  • 解剖学Ⅱ実習
  • 運動学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理学
  • 病理学
  • 医学概論
  • リハビリテーション概論
  • ボランティア論
  • など
専門科目
7科目
  • 理学療法概論Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎理学療法学Ⅰ
  • リハビリテーションセミナー
  • 理学療法セミナーⅠ
  • 理学療法評価学Ⅰ
  • 理学療法治療学Ⅴ
  • など
講師交流、病院・施設見学
2年次
修得目標
  • 理学療法の対象となる病気や怪我のことを医師から学び、理学療法士 の役割を具体的に理解します。
  • 理学療法士が身につけなければならない技術(検査・治療)を実習中心に行います。
  • 臨床基礎実習では、医療現場で必要な知識・技術・心構えをアップさせます。
基礎科目
2科目
  • 英語Ⅱ(医学英語)
  • 情報科学Ⅱ
専門基礎科目
13科目
  • 運動生理学
  • 生理学実習
  • 運動学実習
  • 人間発達学
  • 内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児保健学
  • 神経内科学
  • 精神医学
  • 整形外科学Ⅰ・Ⅱ
  • リハビリテーション医学
  • 地域リハビリテーション学
  • など
専門科目
12科目
  • 理学療法概論Ⅲ
  • 基礎理学療法学Ⅱ
  • 理学療法セミナーⅡ
  • 理学療法評価学Ⅱ・Ⅲ
  • 理学療法治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 理学療法治療演習Ⅰ
  • 義肢装具学総論
  • 生活環境論
  • 臨床基礎実習
  • など
臨床基礎実習
12月 1週間
3年次
修得目標
  • 学内演習を通じて、実際に理学療法プログラムが実践できることを目標にします。
  • 理学療法以外の周辺領域について学びます。
  • 演習授業を多く行い、チームワークを養います。
専門基礎科目
8科目
  • 救急医学
  • 脳神経外科学
  • 薬理学
  • 栄養学
  • リハビリテーション工学
  • 作業療法概論
  • 言語聴覚療法概論
  • 看護学概論
  • など
専門科目
14科目
  • 臨床運動学
  • 理学療法セミナーⅢ・Ⅳ
  • 理学療法評価学演習Ⅰ・Ⅱ
  • ケアマネジメント概論
  • 理学療法治療学Ⅳ
  • 理学療法治療演習Ⅱ・Ⅲ
  • 義肢装具学各論
  • 地域理学療法学
  • 地域理学療法学演習
  • 理学療法特論Ⅰ
  • 臨床実習Ⅰ
  • など
臨床実習Ⅰ
11月~12月 5週間
4年次
修得目標
  • 臨床実習を通じて、理学療法士としてのスキルを身につけます。
  • セミナーでは、学生同士で教え合い、自らが成長することを目指します。
  • 就職活動・国家試験などを目指します。
専門科目
7科目
  • 理学療法研究法
  • 理学療法セミナーⅤ・Ⅵ
  • 理学療法管理学
  • 理学療法特論Ⅱ
  • 地域理学療法学実習
  • 臨床実習ⅡⅢⅣ(訪問・通所リハ)
  • など
臨床実習Ⅱ
5月~6月 7週間
臨床実習Ⅲ
7月~9月 7週間
臨床実習Ⅳ
9月 1週間
‐理学療法士としての生き方‐
卒業生インタビュー
卒業生インタビュー
福田 蓮さん
出身校:防府商業高校
勤務先:宇部リハビリテーション病院
学校を通じて得たつながりは僕の財産
学校では理学療法士に必要な沢山のことを学びました。そして、それ以上に、学校生活では先生や同期、先輩後輩など、多くの人とのつながりを得ることができました。
理学療法士として知識、技術の研鑽は必要です。職場の同僚の中でも山口コ・メディカル学院の卒業生間のつながりは強く、日々努力しています。
卒業してからも先生方には相談に乗っていただき、時に同じ研修を受けるなど、公私共につながりがあります。僕は山口コ・メディカル学院で人生の財産と呼べるものを得ることができました。
卒業生インタビュー
藤井 真緒さん
出身校:西京高校
勤務先:坂本整形外科
整形外科分野に進んで
私は、山口コ・メディカル学院を卒業後、約3年間県外の整形外科に勤め、山口県に戻ってからの再就職先も整形外科を選択しました。整形外科での理学療法は、患者様の現在ある症状を改善することが重要な事ですが、その後の痛みや怪我の再発をしないように患者様の体を一緒に変えていくことも大切なことだと、魅力を感じたからです。
現在は、学院で学んだことや勉強会に参加して得た知識を使い、患者様の治療に取り組んでいます。
卒業生インタビュー
伊藤 綾香さん
出身校:山口中央高校
勤務先:綜合病院 山口赤十字病院
学校で教わったことを生かしつつ、先輩方にアドバイスをいただき、日々向上心を持って取り組んでいます。
私は急性期の綜合病院で様々な疾患の患者様の理学療法を行っています。手術後の患者様が多いため、適切なリスク管理を行ったうえで、身体機能を改善していくためには何が問題であるのかを評価し、実際に治療を行っています。日々患者様の状態が変化するなかで難しいと感じることもありますが、山ロコ・メディカル学院で教わったことを生かしつつ、悩んだ際には先輩方に教えていただき、日々向上心をもち勉強をしています。難しいことは多くありますが、とてもやりがいのある仕事だと思います。
卒業生インタビュー
重永 仁美さん
出身校:防府西高校
勤務先:社会医療法人 同仁会 周南記念病院
患者様との関りを通して、日々自己研鑽に励んでいます。職場環境が良く、毎日充実しています。
私は、運動器疾患手術後の患者様を中心に担当しています。身体機能の向上はもちろん重要ですが、患者様の生活を視野に入れ、本人やご家族の希望を最大限に叶えてあげられるよう他職種と連携しながら日々頑張っています。
悩むことも多々ありますが、患者様が回復される姿や喜ばれる顔を見ると、この職業を選んで良かったと思います。お互いが笑顔になれ、嬉しい気持ちを共有できる瞬間にとてもやりがいを感じています。
卒業生インタビュー
伊豫 遼太郎さん
出身校:小野田高校
勤務先:独立行政法人 労働者健康安全機構 山口労災病院
学校で教わった事を基盤に、先輩方のアドバイスを頂きながら日々成長しています。
私は、整形外科疾患の患者様を中心に、理学療法を行っています。
日々変化する患者様の状態をしっかりと把握し、その人が自宅に帰るには何が必要か?など山口コ・メディカル学院で習った事を元に、わからない事は先輩方に教えて頂きながら、適切な理学療法が行えるよう日々勉強しています。
難しい事は多いですが、その分やりがいのある大変すばらしい仕事です。
卒業生インタビュー
山本 涼太さん
出身校:熊毛南高校
勤務先:周防大島町病院事業局 周防大島町立東和病院

私は、運動器疾患手術後の患者様や、内科疾患・外来での患者様に対して理学療法を行っています。
主に自宅退院や日常生活能力の維持向上を目標に、筋力増強運動や、基本的動作練習を実施しています。
実際に臨床現場に出て仕事をしていると教科書通りの患者様はとても少なくて日々勉強の毎日を送っています。

悩む事が多いですが、患者様の状態が良くなったり、喜んで頂いた時にこの職業を選んで良かったと思います。

‐私が理学療法士を目指した理由‐
在校生インタビュー
在校生インタビュー
小倉 実莉さん
出身校:山口中央高校
人々に感謝される仕事を目指して

私が理学療法士を目指したきっかけは、中学時代に部活動で怪我をしたことです。その時、理学療法士の方に部活をしながらできる、痛みを少なくするストレッチ方法を教えていただきました。それによって痛みが和らぎ、大きな怪我をすることなく部活を続けることができました。その時に、理学療法士という職業を知り、私も人の為に働きたいと思い始めました。
私は人と関わることが好きなので、多くの人に感謝される職業を、とても素敵だと思っています。そのような理学療法士になれるように、これからも頑張っていきたいと思います。

在校生インタビュー
令和4年3月卒業 関門医療センター
河村 貴士さん
出身校:西京高校
~ 4年間を振り返って ~

 私達は、新型コロナウイルス流行のため、臨床実習は1/3が学内での実習となり、国家試験対策も後半はオンライン授業となり、例年より厳しい状況でした。しかし、クラスが一致団結し、リアルな臨床実習・対面授業に近づけられるかと模索し続けました。そして、その結果、誰ひとりリタイアすることなくやり遂げる事ができました。
これらの経験から、臨機応変に対応できる力や探究心は、人一倍身についたと思っています。互いに鼓舞し合った友人や私達を導いてくださった先生方の、存在の偉大さ・大切さをひしひしと感じています。
この濃い4年間を経験した私たちは、これを糧にそれぞれの道を精進していきます!
素敵な友人、素敵な先生方に出会えて幸せでした!

教員紹介はこちら
社会人インタビュー
岩見 高尚さん(卒業生)へのインタビューです。
学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
製造業。文系大学(仏教学部)
山口コ・メディカル学院の理学療法学科を選んだ理由は何ですか?
基本動作能力の回復を目的とする理学療法は、私の趣味である陸上競技との関連性が高く、関節や筋といった身体構造、歩行など、基本動作のメカニズム、運動器系、その他の障がいなどについて学ぶことで、体を動かすということへの理解をより深めることができると考えたからです。
そして、自分がこれまで継続してきた趣味の運動についての知識を身につけた上で、運動療法をはじめとした理学療法を通じて、人の生活向上の役に立てるようになれることに魅力を感じました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強は学習室を利用して授業の復習中心でやっています。 試験前には図書館や友人のアパートに集まって勉強することもあります。 サークル活動はしていませんが、自分と同じ趣味を持つ人たちと会話を楽しんだり、遊んだりしています。 同じクラスにジョギングを趣味にしている人がいるので、授業の空き時間など、気分転換に一緒に走っています。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
クラスメイトの学習への意欲が高い点。試験が自分が思っていたよりも厳しかったことが要因かもしれません。
行事に対して生徒が熱心に取り組む点。
クラスにスポーツが得意な人が多く、レクレーションのソフトバレーで、クラスメイトがガチだったのには驚きました。
どんな理学療法士になりたいですか?
確かな技術と、豊かな人間性を備えた理学療法士。
(最初の授業でクラスメイトが言っていた意見です。)
コア学園グループへ
山口コアカレッジ
同窓会 燦燦会
学校情報公開
教員募集
オープンキャンパス 資料請求
オープンキャンパス
資料請求

ページトップへ