山口コ・メディカル学院 リハビリテーション医療専門学校

menu
資料請求
オープンキャンパス

作業療法学科

人は心と身体のバランスをとりながら生活し、人生を創造しています。何らかの疾患によってそのバランスが崩れると、人は生活がしづらくなり、その改善が必要になります。その時、人の心と身体の両方の改善を図り、活動的で質の高い人生を送ることを援助できるのが作業療法士です。「生きていてよかった」その言葉に出逢えるリハビリテーション、それが「作業療法」です。
障がいをもつ人や、それが予測される人に対し、生活行為(作業活動)を用いてこころとからだの両面からその人を元気にするリハビリテーションの専門家を育てます。

学科の基本姿勢

作業療法学科のポイント

【 感性豊かに、視野は広く、考えは深く 】
作業療法学科のポイント
Point 1
当事者からのリアルな声
当事者の方々から生きること、生活することについて学ぼう!!
作業療法士は、患者様の意思を大切にし、その人にとって大切な作業を用いながら健康的な能力を引き出し、いきいきと生活を送れるように支援します。「そのために必要なことは何か。」講義からの学びも大切ですが、当事者の方に出会いリアルな声を聞き、感じ考えることを大切にしています。
作業療法学科のポイント
Point 2
学生自らが学ぶ姿勢
教室を一歩出てみよう!そこに出会いと感動が待っている!!
作業療法士は、生活や生き方支援に携わる専門職として、医療機関だけでなく地域社会において求められるニーズに応えていくことが大切であると思っています。当学科においては地域貢献できる作業療法士を目指し、平成28年度から始まった地域セミナープログラムで、学生自ら自分たちの身近にある「地域」を知るために、これまで40近い団体・施設や生き生きと活動する方々を取材させていただき、貴重な出会いと体験を発表しました。
作業療法学科のポイント
Point 3
個性あふれる教員
感じる・考える・悩む君たちよ
必ずそばに私たち教員はいるよ
作業療法士には、感性を磨き、思考する力が求められます。きっとみなさんは自分のこともおぼつかないのになぜ他人のことを考えることができるのかと悩むこともあるでしょう。
感じ、考え、悩む皆さんを経験豊かで向上心あふれる教員が全力でサポートします。

本校作業療法学科は世界作業療法士連盟(WFOT)に認定されています

世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists)とは?
作業療法士の国際機関のことです。WFOT認定校であるということは、教員数、カリキュラム、臨床実習時間数など様々な条件において、厚生労働省の規準より更に厳しい基準を満たした国際的に認知された学校であることを示しています。

授業風景

  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ
  • 作業療法学科イメージ

作業療法学科 3つの特徴

【 当事者の方から学ぶ!当事者の目線で考える!作業療法士の原点! 】
ひとりひとり異なる人の生活、人生。4年間の学生生活の折々に心身に障害を持たれながら、新たな意味のある人生を作ってこられた当事者の方と出会い、作業療法についての学びを深めます。
【 学年を超えた交流、学校から地域へ踏み出して学ぶアクティブラーニング! 】
地域で貢献できる作業療法士になるために、積極的に地域に踏み出して学びます。それは地域の方々や地域で活躍している作業療法士から多くのことを学ぶ機会となっています。
【 真剣に伝え、真剣に学ぶ!教員から学生へ!先輩から後輩へ!
 この積み重ねの向こうに、君のなりたい自分がある! 】
個性あふれる教員と学生は日々真剣勝負です。
あなたのなりたい作業療法士像を形にするために、入学から国家試験合格まで支援します。

取得可能な資格

作業療法士になるまで

作業療法学科になるまで

カリキュラム

【 作業と人との関わりから深く相手を理解する底力を育てます。 】
1学年
基礎科目
  • 英語Ⅰ・Ⅲ(文献Ⅰ・英会話)
  • 体育理論
  • 体育実技 
  • 哲学Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 法学
  • 教育学Ⅰ・Ⅱ
  • 社会福祉学
  • 統計学
  • 物理学
  • 生物学
  • 情報科学Ⅰ
  • など
専門基礎科目
  • 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 解剖学Ⅰ実習
  • 解剖学Ⅱ実習
  • 運動学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床心理学
  • 病理学
  • 医学概論
  • リハビリテーション概論
  • ボランティア論
  • など
専門科目
  • 作業療法概論
  • 基礎作業学Ⅰ
  • 作業療法セミナーⅠ・Ⅱ
  • 作業療法評価学総論
  • 作業療法評価学Ⅰ
  • 作業治療学総論
  • 日常生活活動学
  • など
2学年
基礎科目
  • 英語Ⅱ(医学英語)
  • 情報科学Ⅱ
専門基礎科目
  • 生理学実習
  • 運動学実習
  • 人間発達学
  • 内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児保健学
  • 神経内科学
  • 精神医学
  • 整形外科学Ⅰ・Ⅱ
  • リハビリテーション医学
  • 地域リハビリテーション学
  • など
専門科目
  • 基礎作業学Ⅱ
  • 作業療法セミナーⅢ・Ⅳ
  • 作業療法評価学Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 作業療法評価学演習
  • 身体機能作業治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 精神機能作業治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 発達過程作業治療学
  • 義肢装具学総論
  • 地域作業療法学
  • 臨床実習Ⅰ
  • など
3学年
専門基礎科目
  • 救急医学
  • 脳神経外科学
  • 薬理学
  • 栄養学
  • リハビリテーション工学
  • 理学療法概論
  • 言語聴覚療法概論
  • 看護学概論
  • など
専門科目
  • 作業療法セミナーⅤ・Ⅵ
  • 作業療法研究法
  • 作業療法管理学Ⅰ
  • 臨床作業学
  • 身体機能作業治療学Ⅲ
  • 精神機能作業治療学Ⅲ
  • 義肢装具学各論
  • 作業治療学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 作業療法治療学特論Ⅰ
  • 地域作業療法学演習
  • 社会福祉援助技術論
  • 生活環境論
  • 臨床実習Ⅱ
  • など
4学年
専門科目
  • 作業療法セミナーⅦ
  • 臨床作業療法実践研究
  • 作業療法管理学Ⅱ
  • 作業療法治療学特論Ⅱ
  • 臨床実習Ⅲ・Ⅳ
  • など
卒業生Message
卒業生Message
徳永 真奈さん
出身校:山口県立防府高等学校
勤務先:山口県厚生農業協同組合連合会 小郡第一総合病院
手の外科であるハンドセラピィなどにも携わることができ、難しさの中にも日々やりがいを感じています!

私は整形外科の治療をメインとする総合病院に勤務しています。その中でも手の怪我をされた方の治療を中心に行っており、山口コ・メディカル学院で学ぶ中で興味をもちました。
職場には卒業生の方々が働かれていて、気さくに声をかけてくださったり、温かく支えてくださっています。
患者様の生活が少しでも良くなるよう、患者様と共に考え、身近な存在としていられることが大きなやりがいです。

卒業生Message
嵐川 嘉人さん
出身校:山口県立岩国高等学校 坂上分校
勤務先:山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院
急性期から回復期の患者様まで幅広い領域で作業療法を行え、やりがいを感じています。

私は総合病院に勤務しており、急性期から回復期、維持期の患者様にリハビリテーションを行っています。
急性期の患者様の状態理解の難しさや、回復期の患者様の在宅復帰のために、どのような身体機能や環境整備が必要なのかを考えることの難しさを日々感じています。
実力不足を痛感する毎日ですが、患者様のその人らしい生活をイメージしながら、リハビリテーションを実施することは楽しく、とてもやりがいを感じています。

卒業生Message
野村 克樹さん
出身校:山口県立山口高等学校
勤務先:地方独立行政法人山口県立病院機構
    山口県立総合医療センター

私は総合病院に勤務しており、急性期の患者様に対しリハビリテーションを行っています。毎日多くの患者様と関わらせていただき、生活が豊かになるためのサポートをすることにやりがいを感じています。仕事をする中で実力不足を感じることも少なくないですが、先輩の作業療法士の先生方に指導をしていただきながら日々頑張っています。県内には山口コ・メディカル学院の卒業生が多く、勉強会などでは情報交換を行い交流を深めています。横の関係だけでなく縦の関係もあることが山口コ・メディカル学院の魅力だと思います。

卒業生Message
佐々木 菜摘さん
出身校:中村女子高等学校
勤務先:医療法人社団生和会 周南リハビリテーション病院

私の働いている職場は複数病棟があり、現在は回復期リハビリテーション病棟で働いています。
そこではたくさんの患者様がその人らしい生活の実現に向けて日々リハビリテーションを行っています。しかし、前を向いて頑張っておられる患者様だけではありません。
不安を抱え立ち止まっている患者様もおられます。
その時には患者様に寄り添い傾聴し患者様の想いをくみ取り、一人ひとりの歩幅に合わせてリハビリテーションを行っています。悩むことも多いですがなりたい職業に就き、日々楽しさで溢れています。

在校生Message
在校生Message
山下 凜さん
出身校:山口県立岩国総合高等学校
母の職場見学がきっかけ!

ケアマネージャーである母の職場見学をさせていただいた際、暴言や暴力を振るう認知症の患者さんのお話を聴きました。
作業療法士を中心にケアマネージャーや看護師の方々がその方に合ったリハビリを考え行ったことで、その方は暴言や暴力が無くなったという話を聴き、作業療法士は身体面と精神面の両方を向上させることのできる素敵な仕事だなと思いました。
私は対象者の一人一人に寄り添い、その方の生きがいを大切にし、知識と感性、そして対象者の方との信頼関係も大切にできる作業療法士を目指し、今後もクラスの仲間と協力して、専門的な勉強を日々頑張って、夢を叶えたいと思います。

在校生Message
松原 功太郎さん
出身校:山口県立萩商工高等学校
新たな道へ

私は祖父が認知症を患った事がきっかけで、作業療法士という職業を知りました。
病気になると自分の好きな事、日課としていた事さえ、出来なくなる場合があります。作業療法士はそういった方々に向けて、どうしたらその作業が出来るようになるかを一緒に考え、実行する事が出来る職業です。
相手の立場になって考える、心に寄り添う、さらに個人の可能性を引き出してあげるといったキーワードに惹かれ、この職業を目指すようになりました。
現在、会社員として働いている身で、仕事をしながらの勉強は大変ですが、自分の好きな事、家族や友達との時間を楽しみながら、毎日を過ごしています。

教員紹介

教員紹介
窪田 高志先生
作業療法学科 教員

私が作業療法士を選択した理由は、「日常が変化を富み、相手も自分も共に成長し、幸せになれるような仕事に就きたい。」という思いでした。
作業療法は、その人に病気や障害があっても、その人が「やりたいこと」を「できる」ように、その作業に焦点をあて、医学的知識や技術、福祉用具や住環境など、様々な手段を用いながら支援を行います。
それぞれの人生や価値観、生活スタイルを大切にした作業療法は、まさに多種多様なのが魅力です。人工知能(AI)が、社会の仕組みや職業、生活に影響力を持ち始めたなか、作業療法は益々その価値やニーズが増す仕事です。

社会人インタビュー
中村 由美子さん(卒業生)へのインタビューです。
学校に来る前はどんなお仕事(学生)をしていましたか?
大型電気店にて、お客様への商品、アドバイスをしたり、要望に応えたりなど、相談〜販売、配送手続きまで担当していました。
山口コ・メディカル学院の作業療法学科を選んだ理由は何ですか?
知り合いの方に作業療法士がいたこと、作業療法士と理学療法士を比べたときに、作業療法士は身体的にだけでなく、精神的にも患者様に関わらせてもらえると聞いたので、作業療法士にしました。
学生生活の過ごし方を教えてください。
勉強する量はとても多いので、入学時には、アルバイトとの両立が大変でしたが、現在は計画的にメリハリをつけてやっていくことで、充実した日々を送ることが出来ています。同級生とは年齢がちがうので、同級生たちも私に気をつかってしまうし、友達もあまりできないだろうと思っていました。しかし、毎日一緒に同じ夢に向かって頑張っていくと自然と年齢など関係なくうち解けることが出来たと思います。同級生は楽しい人ばかりなので、感謝しています。
入る前と後でイメージが変わったことはありますか?
入学前のイメージは、大学のように完全に個人で頑張っていくのだと思っていましたが、実際は先生方が現場に出たときの事や国家試験に向けてのアドバイスをくれたり、親身になって傍らにいてくれているので、入学前とイメージが大きく違いました。とても良い環境で学ばせていただいていると思います。
どんな作業療法士になりたいですか?
当たり前のことですが、いつも患者様第一に考え、少しでも患者様らしい人生が送れるように、手伝わせてもらえる、人格や技術をもった療法士になりたいです。
コア学園グループへ
山口コアカレッジ
同窓会 燦燦会
学校情報公開
教員募集
オープンキャンパス 資料請求
オープンキャンパス
資料請求

ページトップへ