山口コ・メディカル学院 リハビリテーション医療専門学校

menu
資料請求
オープンキャンパス

お知らせ

入学案内
第2回 オープンキャンパス開催!
2021.07.10

☆ 第2回 オープンキャンパス開催 ☆

前日まで雨が続き、当日ははっきりしない曇天の蒸し暑い中、沢山の方にご参加いただきありがとうございました。

◯今回の体験授業は、3学科のうち2学科を体験するということで、参加者の方に1部と2部で異なる学科を体験していただきました。

 

◇理学療法学科◇

「理学療法の流れを知ろう!」というテーマで、

まず、患者さまが病気を発症されてからの評価から治療へ移っていく段階でどのように理学療法士が関わっていくかの説明がありました。(写真左)

その後で、4年生の特別講義「心臓のリハビリテーション」を少しだけ見学しました。結構難しい内容だったと思いますが、4年生になるとこんなに難しい事も勉強するんです。‘でも大丈夫!’ 参加者の方も入学されて4年生になったら理解できるようになります。(写真右)

  

 

体験授業は、身体のあちこちを計ってみよう!ということで、

今回は、参加者同士で足の長さや関節の曲がる角度を測るなど、1年生の授業を体験してもらいました。『マスクを着けるのにどれくらい肘が曲がっている?』『楽に立つにはどれくらい膝が曲がる必要がある?』『じゃぁ、曲がらなかったときはどうする?』など、授業風に実際に角度を測ってもらった後にみんなで考えました。参加者の中には、具体的な対応策も提案できた方もいて、こちらも楽しい時間を過ごすこと出来ました。考えることは難しいけど、その楽しさを少しでも感じていただけたらうれしいです。

    

 

◇作業療法学科◇

「その人らしい生活を支援する作業療法」というテーマで、

今回の体験授業は、自らの生活を助ける道具「自助具」を作ってみました。

自助具とは、体に不自由さがあるとき、それを助け、難しくなっている生活動作をできるだけ自分自身で行えるように特別に工夫された道具のことです。

まず、簡単に説明を聞いて!早速、ホースを使って、スプーンを握りやすく工夫してみました。各テーブルごとに先生方と一緒に活動します。

  

 

まず、ホースの中央を切って、ホースを半分に折りたたんで、間にスプーンをはさんで。出来上がり!

このスプーンを使って、食事をすることで、脇をしめ、腕を返す動作を促すことができるので、手首や指先の細かな動きが行いやすくなりますといった説明を先生から、分かりやすく説明を受けました。

    

 

その後は、先生方に質問タイム!教科書を見ながら、学校生活のこと作業療法のことを少しだけお話ししました。

 

まだまだ、作業療法について、山コメについてお伝えしたいことがたくさん!ぜひ次回のオープンキャンパスでお会いしましょう。

 

◇言語聴覚学科◇

「話すことを意識しよう!」というテーマで、

最初は「言語聴覚士」の仕事の分野について説明がありました。

 

次に『きれいな「か」を言おう』と題して、参加者の方に言語聴覚士が行う「ことば」の訓練を体験していただきました。皆さん大きな声でしっかり発音できて、とてもきれいな「か」を出せていました。

  

 

最後に言語聴覚学科の特徴について説明がありました。

 

言語聴覚士は、病院などで活躍する「ことばのスペシャリスト」です。ぜひ皆さんも目指してみませんか。

 

◯保護者様向け学校概要の説明

体験授業と並行して、保護者様に学校概要の説明と校内見学を実施しました。

 

 

今後もオープンキャンパスでは、3学科体験や在校生の話が聞ける回など毎回異なるテーマと内容で実施していきますので、沢山の方のご参加をお待ちしております。

リハビリのことについてもっと知りたいと思う人、ちょっと興味があるなぁという人、ちょっとおもしろそうだなぁって思う人などなど、山コメのオープンキャンパスに参加してみようと思った人は、  こちら  へ。

 

お知らせ一覧へ
山口コアカレッジ
同窓会 燦燦会
学校情報公開
教員募集
コア学園グループへ
オープンキャンパス 資料請求
オープンキャンパス
資料請求

ページトップへ