山口コ・メディカル学院 リハビリテーション医療専門学校

menu
資料請求
オープンキャンパス

お知らせ

トピックス
救命講習を3年生全員で受講しました
2020.06.10

◇救命講習実施 6月10日◇

本校では、毎年11月に3年生の3学科(理学療法学科・作業療法学科・言語聴覚学科)が受講する「救急医学」の講義の中で、‘普通救命’という3時間の救命講習を全員が受講していました。

今年度は、新型コロナウイルス感染症対策の為、例年通りの講習が現時点では実施出来ないとのことで、山口市消防本部の担当の方より、新型コロナウイルスの感染予防に配慮した新たな救命講習「救命入門コース」約45分を本校で実施させていただきたいとのお話があり、卒業後も医療分野の仕事に従事していく学生にとっても大変良い経験になると思い、講習を実施していただきました。

今回、新型コロナウイルス感染症の流行を受け厚生労働省が出した新たな指針に基づいた救急蘇生法を教えていただきました。

例年の講習内容と異なり、声をかけるときは距離をとって大声で行う、呼吸の確認も口元に耳を近づけない、また、人工呼吸の一般的な方法で知られている「マウスツーマウス法」も行わない、胸骨圧迫の時は傷病者の口と鼻に布やマスクを置く、訓練用の人形を使った自動体外式除細動器(AED)の訓練の後は、その都度人形等を消毒するなど、感染症を意識した新たな蘇生法の指導を行っていただきました。

 

   

今まで違った蘇生(救命)方法をいろいろと指導していただき、学生にとってとても良い体験となりました。

学生が在学中や就職後に、今回教えていただい蘇生法をいざという時に実践し少しでも誰かの命を救う手助けをしてくれたらと思います。

   

講習を実施する条件として、40名以下、1チームが8名、1チームが7m✕5mのスペースが確保できる、マスク着用、換気ができるなどが有り、本校が条件をクリアできるとして市内で新たな蘇生法の講習の第1回目(救命講習再開第1回)となるということで、色々なマスコミの方(NHK,TYS,KRY,毎日新聞、山口新聞など)が取材に来られました。(山口新聞の記事はこちら

(山口市消防本部の皆様には、お忙しい中ご指導いただき感謝申し上げます。)

 

お知らせ一覧へ
山口コアカレッジ
同窓会 燦燦会
学校情報公開
教員募集
コア学園グループへ
オープンキャンパス 資料請求
オープンキャンパス
資料請求

ページトップへ