【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介言語聴覚学科:言語聴覚士について卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

日々勉強が必要な職種で大変なこともありますが、多くの人と関わることのできる魅力的な仕事だと思います。(河村 有衣子さんからのメッセージ)
  • 河村 有衣子さん
  • 出身校:山口県立防府高等学校
  • 勤務先:岩国市医療センター医師会病院(岩国市療育センター)

私は高校生のときに言語聴覚士が不足していることを知り、言語聴覚士を目指しました。

養成校での4年間は、苦手なことに直面したこともありましたが、たくさんの人の力を借りながら、向き合えたことで、人として成長できたと思います。

私は今、療育担当の言語聴覚士として働いています。まだまだ力不足を感じる毎日ですが、不安を抱える子どもや保護者の方に寄り添う一員になれたらと思っています。

(齊藤 由美さんからのメッセージ)
  • 齊藤 由美さん
  • 出身校:山口県立大嶺高等学校(現 山口県立美祢青嶺高等学校)
  • 勤務先:山口リハビリテーション病院

私は高校生のときに今の職場に見学に来たことがきっかけで言語聴覚士を目指しました。養成校での4年間はあっという間でしたが、その4年間で生涯の友人を得ることができました。
何年働いても常に新しい発見や学びがある仕事です。人と接することが好きで、向上心がある方はぜひ言語聴覚士を目指してみてください。

多くの人と出会い、成長できる言語聴覚士(藤田 陽子さんからのメッセージ)
  • 藤田 陽子さん
  • 出身校:山口県立防府高等学校
  • 勤務先:宇部西リハビリテーション病院

この仕事をしていると、多くの方との出会いがあります。相手の気持ちを考え試行錯誤する中で、人間としても成長できる職業だと思います。

言語聴覚士はまだまだ人数が不足しています。ぜひ、言語聴覚士を目指してもらいたいです。

ひとりでも多くの言語聴覚士が必要。(木本 大輔さんからのメッセージ)
  • 木本 大輔さん
  • 出身校:山口県立豊浦高等学校
  • 勤務先:宇部西リハビリテーション病院

私は話をすることや食べることが大好きです。同じように、話すことや食べることが大好きな方が困っているのであれば役に立ちたいと思い、言語聴覚士を目指すことにしました。

学校生活はとても充実していました。勉強は大変でしたが、内容が仕事に直結していると感じられました。大きな学校ではありませんが、その分先生方から内容の濃い授業を受けることが出来たり、他学科とも盛んな交流が行えました。

私は現在、回復期病棟に勤務しています。笑顔になっていかれる患者様をみるとうれしく思います。言語聴覚士の人数は多くありませんが、困っている方は沢山いらっしゃいます。患者様が笑顔で過ごせるよう一人でも多くの言語聴覚士が必要です。

県内各地で活躍する先輩や同期生がたくさんいて心強い。(安田諒哉さんからのメッセージ)
  • 安田 諒哉さん
  • 出身校:山口県立防府高等学校、横浜国立大学
  • 勤務先:社会福祉法人 鼓ヶ浦整肢学園

大学を卒業した後に就職した先で、聴覚障がいのある子どもたちと接する機会がありました。言語聴覚士は、言葉によるコミュニケーションや食事などに問題のある方々の社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援するのが仕事と聞き、私は障がいのある子どもたちを手助けできるこの言語聴覚士になりたいと思い、再度勉強するため進学することを決めました。山口コ・メディカル学院を選んだ理由は、ここを卒業した学生が県内各地で活躍していることを知ったからです。身近に先輩がいることを、とても心強く感じました。

在学した4年間は、とても充実したものでした。当初は、社会人経験者ということで、高校を卒業して入学した学生と上手くやっていけるか不安でしたが、年齢や経験に関係なく、すぐに協力し合える仲間に。先生方はみなさん親身になってくださる方ばかりで、国家試験取得のためのサポートはもちろん、専門的な技術や知識、精神面まで、きめ細かく指導してくださいました。

現在は、鼓ヶ浦こども医療福祉センターでコ・メディカルスタッフとして働いています。まだまだ知識や技術は未熟ですが、子どもたちの笑顔と触れ合うことができることに、喜びとやりがいを感じる毎日です。これからも、山口コ・メディカル学院でできた、かけがえのない仲間と情報を共有し、高め合いながら、子どもたちへよりよい支援ができるよう、がんばっていきたいと思います。

人と関わるやりがいのある仕事です。

  • 西本 英太郎さん
  • 出身校:山口県鴻城高等学校
  • 勤務先:周南リハビリテーション病院

私が、言語聴覚士を目指すきっかけになったのは、学校の先生からの紹介でした。もともと、母親が看護師であったため医療関係の仕事には興味があったことも要因の一つだと思います。言語聴覚士について調べてみると、コミュニケーションや食べることに関わる仕事だということをその時に初めて知りました。素直に面白そうだなと思い、地元にある山口コ・メディカル学院に入学しました。

現在は、周南リハビリテーション病院で勤務しています。仕事では主にコミュニケーションや食べることに障がいがある方に対し他職種と連携を図りながらリハビリをおこなわせていただいています。リハビリを行うことで、患者様やご家族様のニーズにより近づくことや、その人らしい生活を送れるようにすることを常に大切にし、リハビリを進めています。

仕事では悩むことや学ぶことも沢山ありますが、自分を高めることができ面白い仕事だと思います。やりがいは、患者様のできることを増すことや、そのときのうれしそうな笑顔だと思います。やりがいもあって、面白い、この職業についてよかったと思っています。

学院での生活は、専門的知識や患者様への接し方、実際の現場での評価や訓練など4年間で、無理なく学ぶことができたように思います。

勉強や実習など大変なこともありますが、目指すものが同じ仲間と親身になってくれる先生方と過ごす4年間はとても充実していると思います。