【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介理学療法学科:理学療法士について卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

進路を見つけることができた、リハビリ経験。(惠本 響子さんからのメッセージ)
  • 横田 亮介さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校
  • 勤務先:総合病院 山口赤十字病院

現在は、急性期といい術直後の整形外科疾患や発症直後の脳神経外科疾患の患者様を中心に理学療法を行っています。理学療法士になるには実習に国家試験にと大変なことも多いですが、臨床現場での患者様の笑顔を見たとき、期待に応えることができたとき、目指してよかったと心から思います。

山口コ・メディカル学院は同じ目標を持つ仲間や熱く指導して下さる先生方のいる理学療法士を目指すには一番の学校です。頑張ってください。

(松下 慎也さんさんからのメッセージ)
  • 松下 慎也さん
  • 出身校:野田学園高等学校
  • 勤務先:地方独立行政法人 山口県立病院機構
    山口県立総合医療センター

私が理学療法士を目指すきっかけは、大学受験の際に理学療法士という職業を知ったことでした。その中で、本学院のオープンキャンパスに参加したことで、この職業につきたいという気持ちが強くなりました。
学生生活は、多くの人に支えられてきた4年間でした。これからは、一人でも多くの人を支えられる理学療法士になりたいと思います。本当にやりがいのある職業だと思います。

進路を見つけることができた、リハビリ経験。(惠本 響子さんからのメッセージ)
  • 惠本 響子さん
  • 出身校:山口県立大津高等学校
    (現 山口県立大津緑洋高等学校大津校舎)
  • 勤務先:社会福祉法人 鼓ヶ浦整肢学園 鼓ヶ浦こども医療福祉センター

私が理学療法士を目指すきっかけとなったのは、怪我によるリハビリ経験です。人間の身体のしくみに興味を持ち、本学院のオープンキャンパスへ参加したことで一層思いが深まり、入学しました。

卒業までの4年間はあっという間に過ぎ、現在は小児施設に勤務しています。学校生活の中で、様々な分野の勉強をして、自分に合った進路を見つけることができたと思っています。

どんなに困難な道でも仲間がいるからがんばれます。(山田健太さんからのメッセージ)
  • 山田 健太さん
  • 出身校:山口県立宇部中央高等学校
  • 勤務先:医療法人 和同会 宇部西リハビリテーション病院

幼い頃から障がいを持つ父親と接してきたため、自然と医療関係の仕事に興味を持つようになりました。理学療法士を目指そうと思ったのは、父がリハビリをする姿を見たことがきっかけです。高校の先生からの紹介もあり、県内で一番歴史がある山口コ・メディカル学院へ入学しました。

学校では、専任の先生方から、実践的な知識や技術を学びました。臨床実習や国家試験対策のサポートも万全です。勉強以外でも、サークル活動や文化祭などの行事も豊富で、4年間、仲間と共に楽しい学校生活をおくることができました。

現在は病院で、亜急性期・回復期・維持期とある中の、維持期の患者さんのリハビリテーションを担当しています。患者さんは、一人ひとり状況や感じ方も違います。その分悩むことや学ぶことがたくさんありますが、元気になっていかれる姿を見ることができる、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

患者さんを治療する上で大事なのは、まず身体の仕組みを理解しているということです。学校では、いろいろ課題があって大変かも知れませんが、そこで得た知識は全て社会に出てから役立ちます。また、はじめて学び知ることの楽しさもあるはず。理学療法士への道のりは簡単なものではありませんが、同じ目標を持つ仲間と一緒に、手を取りあって壁を乗り越え、患者さんのことを第一に考えられる理学療法士を目指してがんばってください。

チーム医療の一員として患者さんの健康をサポートしています。(山田浩士さんからのメッセージ)
  • 山田 浩士さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校
    防府福祉医療専門学校
  • 勤務先:医療法人 太白会 シーサイド病院

以前私は、他の専門学校を卒業した後、介護施設に勤務していました。そこに勤めていた理学療法士から仕事内容について話を聞いたことがきっかけで、興味を持ち、もう一度勉強したいと思って山口コ・メディカル学院へ入学しました。

一度社会人になってからの入学なので不安もありましたが、同じ目標を持つ仲間と巡り合ったことで、楽しく過ごすことができました。

勉強面も、実践的な知識や技術、患者さんとの接し方など、即戦力になるべく学びが充実しています。施設も学習室や図書館があり、定期試験や国家試験の勉強のときのみならず、日々の学習に集中できる環境が整っています。

現在私は、病院で維持期病棟と訪問リハビリテーションを兼務しています。患者さんと接するだけではなく、より良い治療を目指して、先輩に指導していただきながら医師や看護師などとの連携を図り、理学療法に取り組んでいます。まだ、経験は浅いですが、チーム医療の一員として患者さんに関わり、患者さんの生活が少しでも改善されたと聞いた時、この仕事をしていてよかったなと感じます。

学院には、4年間、無理なく勉強できる環境が整っていると思います。良い仲間と出会い、楽しく理学療法士を目指すなら、山口コ・メディカル学院がおすすめです!

人と関わるやりがいのある仕事です。

  • 高橋 輝行さん
  • 出身校:山口県立豊浦高等学校
  • 勤務先:社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 山口県済生会 下関総合病院

私は、済生会下関総合病院リハビリテーション科に勤務しています。勤務先では、超急性期〜急性期の患者様を対象に医師・看護師・作業療法士・メディカルソーシャルワーカーなどの他職種と連携を取りながら理学療法に取り組んでいます。

臨床現場では悩むこともありますが、患者様の機能が回復した時や、「リハビリに行くのが楽しみ」と笑顔で言っていただけた時などはこの職種に就いてよかったと日々感じています。

山口コ・メディカル学院では、臨床現場で多くの経験をされてきた専任教員の下、教科書では学ぶことができない実践的な知識や技術、患者様との接し方を学ぶことができます。作業療法学科・言語聴覚学科もあり、他職種への理解も深まり、臨床現場でのチーム医療の重要性・必要性についても学ぶことができます。臨床実習では、実際に患者様に接する機会がありますが、多くの卒業生が丁寧かつ熱心に指導して下さるので安心して学ぶことができます。また、学習面以外でもサークル活動や文化祭などの学校行事が充実しており、4年間楽しいキャンパスライフを過ごすことができると思います。

最後に、理学療法士への道のりは簡単なものではありませんが、山口コ・メディカル学院で同じ目標を持った仲間と、患者様に寄り添うことができる理学療法士を目指して頑張ってください!