【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介作業療法学科:作業療法士について在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

(徳永 真奈さんからのメッセージ)
  • 徳永 真奈さん
  • 出身校:山口県立防府高等学校

自身の怪我をきっかけに作業療法士という職業を知りました。入学当初は新しい環境と勉強量の多さに戸惑いましたが、今では少しずつ着実に学び、目標に向って前進している事を実感でき、喜びと誇りを感じています。

先生方も生徒一人ひとりに目を向けてくださり、勉強についての質問や悩み事の相談まで親身になってくださるので、とても心強いです。

このような温かい環境の中で、ともに作業療法士をめざしませんか。

(2016年 在校生)

(嵐川 嘉人さんからのメッセージ)
  • 嵐川 嘉人さん
  • 出身校:山口県立岩国高等学校坂上分校

私がオープンキャンパスに参加した理由は、両親や高校の先生方にすすめられたからです。私は高校三年生になるまで、作業療法士について全く知りませんでした。しかし、入学して、この1年を過ごす中で、漠然としていたイメージが少しずつはっきりしてきました。

学校生活では授業が多く勉強が大変ですが、楽しい行事も多く、先輩方と交流する機会も多くあります。先輩方や先生方は親切で様々なことを教えてくれます。学校や先生方を通しボランティアにも参加でき、良い経験にもなりました。

入学される皆様も、自分から様々なことに参加し、自分の力を高めたり、将来についてのイメージを明確にする良い機会になると思います。

(2016年 在校生)

(壹岐 明香さんからのメッセージ)
  • 壹岐 明香さん
  • 出身校:山口県立熊毛北高等学校

高校卒業後の進路に悩んでいた時、作業療法士という仕事があることを知り、その時にどんなことをする仕事なのかもっと詳しく知りたいと思い、本校のオープンキャンパスに参加したり、病院へ見学に行きました。それからやりがいのある仕事だと感じ、作業療法士の魅力にどんどん引き込まれこの道に進むことを決めました。
入学した当初は、聞いたこともないような専門用語がたくさんでてきて、勉強の難しさに正直戸惑いましたが、レクリエーションや学園祭などの学校行事もあり、仲間との楽しい思い出をたくさん作ることができるので今では充実した学校生活を送っています。
これからも同じ目標に向かって頑張る仲間と共に、自分の目指す必要とされる作業療法士になるために頑張っていきたいと思います。

(2015年 在校生)

(渡辺 智行さんからのメッセージ)
  • 渡辺 智行さん
  • 出身校:山口県立徳山高等学校、関西学院大学
  • 社会人入学

私は介護の仕事から、更なる学びの場を求めて入学しました。今は、日々の学びで新たな世界が広がるのを感じます。一年はあっという間、じっくり学べる今を大切にしたいと思っています。作業療法士は人の生活と向き合う仕事です。それには、自身の生活を見つめることも大切です。作業療法士を目指すだけでなく、「人間とは何か」を考える上で、この学院での学びは大きいと思います。色々な出会いにもあふれています。
今は、休日は介護の仕事を続けながら、平日は勉強と忙しい毎日です。そんな中で、学園祭や春・秋のレクリエーションといった楽しいイベントもあり、クラスの仲間との交流も深まります。充実した毎日、皆さんも一緒にこの学院で送りませんか。

(2015年 在校生)

一歩ずつ「作業療法士」に向い前進していきたい。(小川 諒さんからのメッセージ)
  • 小川 諒さん
  • 出身校:山口県立防府西高等学校
  • 社会人入学

私は、自身の怪我をきっかけにリハビリの仕事を知りました。学校に入学してからは新しいことだらけで、とても有意義な時間を過ごせています。クラス全体でお互いをフォローし合い、同じ目標に向って少しずつ前進している事に幸せを感じています。

学科の先生方は常に私たち一人ひとりに目を配ってくださり、優しく、時に厳しくと、良い環境の中で勉学に励むことができます。まだまだ先は長いですが、一歩ずつ「作業療法士」に向い前進していきたいです。

(2014年 在校生)

発達障がいの子供たちの支援に携わりたい。(金子 彩愛さんからのメッセージ)
  • 金子 彩愛さん
  • 出身校:山口県立小野田高等学校

私は、発達障がいの子供たちと関わる機会が多くあり、そのような子どもたちの支援に携わりたいと思い作業療法士を目指しました。入学当初は、勉強の量や難しさに戸惑いましたが、友人達と支え合い乗り越えることができました。

先生方も親身になってくださり、悩み事なども相談しやすく、とても頼りになります。同じ目標を持った仲間がいるからこそ助け合い、困難を乗り越えられます。これからも、自分の目指している作業療法士へ一歩でも近づける様に頑張っていきたいです。

(2014年 在校生)

同じ目標を持つ仲間といっしょに励まし合い努力することを忘れずに。(片山治香さんからのメッセージ)
  • 片山 治香さん
  • 出身校:山口県立新南陽高等学校

私は障がいを持たれた方と接触する機会があり、そこで作業療法士という仕事を知り、作業療法の内容を知れば知るほど興味がでてきてこの道を選びました。

授業では今まで習ってきた国語や数学といった教科はほとんどなく、初めて出会う単語ばかりで最初は戸惑いましたが、優しく同じ目標を持ち尊敬のできる仲間と出会うことができ、いろんな困難を乗り越えることができました。

また、先輩方も優しく相談に乗ってくれたり、自分の経験を教えてくれるのでとても勉強になります。勉強で大変なことが多いですが学園祭やクラスマッチなど仲間と楽しめる行事があり、たくさんの思い出が作れ充実した毎日を送っています。

学ぶことが多く不安になることもありますが、仲間と共に励まし合い努力することを忘れず、笑って学校生活を送りたいと思います。

(2013年 在校生)

世代の違う同級生たちと素晴らしい環境の中で頑張っています。(安武 勇人さんからのメッセージ)
  • 安武 勇人さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校

私は病院勤務をする中で、作業療法士の素晴らしさに触れてこの学校に入学しました。入学前は学校生活から長く離れていたので勉強についていけるのか、また世代の違う同級生たちと仲良くやっていけるのかなど多くの不安を抱えていましたが、日々を重ねていくうちに年齢の壁はなくなり自然と絆を深めていくことができました。

学業においても、共通の目標を持った仲間と日々悩みながら一歩一歩前進していく、ともに成長できていると実感しています。教員の方々は熱意とユーモアにあふれ、親身になって私たちを善導してくださるなど素晴らしい環境が整っています。

入学して1年、まだまだ学ばなければならないことは多くありますが、初心を忘れずに目標に向かって頑張っていきたいと思います。

(2013年 在校生)

人として大切な事も学ぶ!!

  • 西本 健さん
  • 出身校:慶進高等学校

私は人の役に立てる仕事に就きたいと考え作業療法士を目指し、入学しました。いざ勉強が始まると初めて目や耳にする言葉ばかりで、難しいと感じました。しかし、1年時に実習に行き、現場の作業療法士が患者様に関わる姿を見学し、お話を聴いて、知識はもちろん、相手に寄り添い気持ちを共感する大切さを学ぶことができました。勉強で大変なこともありますが、季節ごとに自治会主催による行事やサークル活動があり、学年学科に関係なく、良い仲間や先輩にも出会え、共に楽しむことができます。その仲間や先輩との関わりでは、様々な意見や考えを聴くことができとても勉強になります。作業療法士を目指し入学して1年、まだまだたくさん学び努力をし続けながら、将来受け持つ患者様の力になれるように頑張りたいと思います。

(2012年 在校生)