【学校法人山口コア学園】山口コ・メディカル学院は山口県初のリハビリテーション医療専門学校。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成します。

ホーム学科紹介作業療法学科:作業療法士について卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

黒瀬 翔子からのメッセージ
  • 黒瀬 翔子さん
  • 出身校:山口県立大津高等学校(現 山口県立大津緑洋高等学校大津校舎)
  • 勤務先:医療法人 和同会 山口リハビリテーション病院

私は、365日毎日リハビリテーションを行っている、在宅復帰を目標とした「回復期リハビリテーション病棟」で働いています。一人一人生活が異なるため、その方に合ったリハビリテーションを行います。患者様と関わらせて頂く中で、笑顔が増えることが私にとって励みとなっています。学校で学んだことを活かしながら、日々現場でも多くのことを学んでいます。これからは患者様の退院後の生活を想像し、作業療法を行っていきたいです。

山本 千晶からのメッセージ
  • 山本 千晶さん
  • 出身校:山口県立萩商工高等学校
  • 勤務先:山口県立総合医療センター

私は、発症直後や術技からの「急性期のリハビリテーション」を担当しています。そのなかで、日常生活動作などの訓練を通じて「できること」が広がった時に、やりがいを感じています。今後は、一人でも多くの方が、安全で安心した生活に戻ることができるように、退院後の生活を見据えた作業療法をしっかりと提供していきたいです。

中村 由美子からのメッセージ
  • 中村 由美子さん
  • 出身校:山口県立防府西高等学校、九州産業大学
  • 勤務先:山口県立総合医療センター

新たな道を踏み出すために、山口コ・メディカル学院を選択した事は、間違っていなかったと思います。作業療法士に必要な勉強だけでなく、多くの友人や先生との出会い、一丸となって夢に向かっていった学院生活は、私にとってかけがえのない、財産となっています。夢が叶い、はれて作業療法士になった今、患者様とどう向き合うべきか悩む日々ですが、学院生活時代の仲間を想像しながら、切磋琢磨しています。

厳しさの中で知ることができた、作業療法士の魅力。(渡邉 亜弓さんからのメッセージ)
  • 渡邉 亜弓さん
  • 出身校:山口県立防府西高等学校
  • 勤務先:社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
    山口県済生会山口総合病院

勉強や実習の厳しさの中で大変なこともありましたが、人間くさく熱心に指導し、親身になって相談にのってくださる先生方のもとで学び、作業療法士の魅力を多く知ることができました。入学当初、作業療法士のイメージは漠然としていましたが、いろいろなことを学ぶにつれ作業療法士になりたいと強く思うようになりました。

作業療法士を目指して良かったと思っています。

人生に“もう遅い”はない。経験は、輝かせてくれる宝物です。(今村 陽子さんからのメッセージ)
  • 今村 陽子さん
  • 出身校:山口県立西京高等学校、九州女子短期大学
  • 勤務先:博愛会 介護老人保健施設ぺあれんと

作業療法士について興味が芽生えたのは、高校生のときです。当学院創設当時の学科長から説明を受けて強く興味を持ちました。当時は、作業療法士への認知度が低く両親の反対があり、強い決意が持てず断念しましたが、自身の入院によりリハビリテーションに関わる機会があり、気持ちが再燃して入学。長女が2歳半ということもあり、はじめは不安もありましたが、社会人経験者も多く、周囲の理解や応援に支えられ安心して通うことができました。

現在は、介護老人保健施設で作業療法士として勤務しています。「笑い」をモットーに、患者さんの笑顔を引き出せるように接しています。患者さんは人生の大先輩。学ぶことが多い毎日で、とても充実しています。上司や同僚はユーモアあふれる方ばかりで、子育て中の私を理解してくださるなど、とても恵まれた環境で働いています。

これまでの経験から、学ぶことに遅い・早いはないと実感しています。山口コ・メディカル学院の先生方から「要領よく生きるな、遠回りしろ」と教えていただいたおかげで、自信を持ってがんばれているんだと思います。人生のスピードは一人ひとり違うもの、時間がかかっても大丈夫。私にとって、これまでの経験全てが宝物です。近道でなくてよかったと本当に思っています。みなさんも、ぜひ、熱心に導いてくださる先生方が集まっている山口コ・メディカル学院で、夢をかなえてください。

「安心」できる場を提供します。

  • 東井 麻紀さん
  • 出身校:山口県立日置農業高等学校(現 山口県立大津緑洋高等学校日置校舎)
  • 勤務先:医療法人 和同会 山口リハビリテーション病院

私は高校のインターンシップで病院に行った時に作業療法士という仕事を知りました。患者様は楽しそうにぬり絵をされていて、それがリハビリの一環だと聞き、楽しみながらできるリハビリがあることに驚きました。リハビリを提供しながら患者様の笑顔も引き出せる作業療法士という仕事に興味を抱き、それがきっかけで山口コ・メディカル学院に入学しました。

山口コ・メディカル学院の先生方はとてもひたむきで、先生方から学んだことは専門的な知識や技術だけでなく、身を持って人と向き合うことの大切さを教えてくださいました。その姿勢を今の現場でも活かしていけるように、いつも心掛けています。

現在は、医療法人和同会山口リハビリテーション病院の回復期病棟に勤務しています。日々の中で、患者様や家族の方々の思いに寄り添っていくことを大切にしています。そして、患者様の望んでいたことが実現できたときの喜びを、私自身も一緒に共有できることが嬉しく、やりがいを感じています。

これから山口コ・メディカル学院を受験されようとしている皆さん、同じ夢を持った仲間と一緒に切磋琢磨して過ごす4年間は、とてもかけがえのないものになるはずです。私自身も、同期の仲間の存在は今でも頼もしい存在で、特別な繋がりを感じています。作業療法士は今までの自分の経験を活かせる仕事です。理想の作業療法士像を持って頑張ってください!!